閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

小ロットでできる販促グッズ

販促グッズを発注する際に、あまり大量に発注しすぎると配布しきれなくて残ってしまい、お金のムダ遣いになってしまうこともあります。
特に〇周年記念というような文字を入れてしまった場合は、その年しか配布できません。

できるだけ少ないロット数で作れる販促品を探しておられる場合、当社では小ロットでご発注をしていただけるノベルティグッズや販促グッズを取り扱っております。



よく売れているのはマグカップや付箋で、マグカップは30個からご発注をしていただける商品を取り扱っており、
もっと少ないロット数がご希望のお客様には、10枚からでもご注文可能な名入れバッグも取り扱っております。


紙製品の場合は、オンデマンド印刷で印刷をいたしますので比較的お値打ちにご購入いただける価格でございます。
紙製のご紹介として、付箋以外にレポート用紙やボックスティッシュなども万来ドットbizでは取り扱っております。
小ロットでノベルティをお探しのお客様は是非一度ご覧いただいて検討してみてはいかがでしょうか。

販促グッズを作る上で考えなければならないのは、使用頻度とコストです。ノベルティだと企業のロゴを入れるため、特注しなければなりませんが、販促グッズは常に身近な場所で使用し、企業の名前を知ってもらう必要があるので、顧客が使いやすい実用品だと販促としても意味も成し遂げることが出来ます。

その為、ボールペンや、クリアファイル、メモ帳と言った普段よく使うと思われるものを配る傾向にあります。また、紙で作られた製品も数多く配布されるでしょう。これらは小ロットで生産されることが可能となりました。コストの面で考えると大量生産の方が費用が抑えられるように感じますが、なぜ小ロットが可能となったのでしょう。

それは、デジタル印刷が普及したせいです。デジタルで印刷可能なので、それまで以上に小ロットでの制作費用を削減することが出来るようになりました。また、便利なソフトや、3Dプリンターなど、簡単で手軽に物を作れる機会が発達したせいとも考えられます。

販促グッズは実際に販売する商品やノベルティとは異なるので、色なども厳密にする必要がありません。そういった面でもコストダウンが可能となります。さらに、カッティングマシーンを利用して、印刷したものをカットすることでも費用を抑えられます。

大量生産だと抜型制作・抜き加工といった作業が必要になり、高額な費用がかかってしまいますが、ロットが少なければ、一気にカットしてしまえばいいので、安価で作成出来てしまうのです。このカッティングマシーンを利用することによるコストダウンが認められてから、紙を使った販促グッズも増えてきました。

販促ノベルティを企画展開するにあたってポイントになるのはコストメリットです。コストメリットを出すために有効なのはスケールメリットです。わかりやすくいうとティッシュやスマートフォンの画面ふきといったモノがあげられますが、小ロットでもコストを抑えて展開できることがポイントです。例えば、商品と部材で共用できるところを活用した販促ノベルティは非常にコストも抑えることができ、かつ小ロットでも制作可能な一例です。

販促ノベルティの本来の姿は何といっても販売現場でお役立ちです。そう考えた場合、商品を販売する際に販売現場で一押しになるお掃除グッズ、メンテグッズといった類、またはオプション品を最初からつけるといったパターンが喜ばれるモノです。こういった販促ノベルティの企画にあたって、商品企画とセットで部材を検討することでコストを抑えることができれば非常に有効です。

また、小ロットで制作するにあたっての一番のポイントは何といっても社内でのデザインで制作のみ委託するというスキームを用いることです。印刷物、制作会社にとってはうまみがないかもしれませんが、企画サイドにとってコストを考慮した場合、一番コストをおさえる手段としていいのではないでしょうか。

初心者でも簡単に名入れ商品が出来ます!!
万来ドットbizが選ばれる3つの理由
ノベルティバッグ専門店

ノベルティバッグを豊富に取り揃えております。

カーディーラー専門店

自動車ディーラー様向けのノベルティを取り扱っております。

  • 送料無料

特集Feature Goods

お気軽にお問い合わせください

FAXでのお問い合わせ052-509-0785
お電話でのお問い合わせ0120-979-907

お問い合わせについて
・お電話は平日10時〜17時までとなっております。
・土、日、祝日はお休みとなり対応しておりません。ご容赦ください。

万来ドット.bizは企業様・官公庁様・団体様向けにノベルティ・販促グッズ・名入れグッズ・エコグッズ・エコバッグ・ミニイベント・記念品をご提案している通販サイトです。

Copyright (C) banrai.biz, All rights reserved.